車 消耗品

消耗品について

消耗品は、どうしようもないのです。
その消耗品が、今後どのくらいあるかで、その後のメンテナンス料金も変わってきます。

 

バッテリー

3年でへたります。交換は2年から3年なので、4年落ちの車だと変えてある可能性があります。これはあけてみると明らかに新しいバッテリーかどうかがわかります。

 

 

 

 

タイヤ

3万キロ前後で交換します。
タイヤの種類にもよりますが、交換すると6万から10万円程度かかると覚悟しておいたほうが良いです。前が重いので後ろとローテーションして若干、延命できます。
タイヤの山が少ない車は注意です。

 

販売点に中古タイヤを探してもらう手もあります。中古タイヤは激安ですので、値切りましょう。

 

新品のタイヤで安いタイヤを探すなら、輸入タイヤ直販店 オートウェイ。

 

 

タイヤを激安購入して、近くの提携店でホイールにタイヤをつけてもらいます。
タイヤを脱着するのはガソリンスタンドでも出来ます。が・・・意外と高いので値段をちゃんと調べましょう。特別な機械で、タイヤとホイールがちゃんと中心に銃身が来ているかのバランスをとったりしないといけないので。

 

 

ワイパーのゴム

これは安いのですが、結構早く痛みます。

シート

シートのへたりは、かなりの走行距離7万キロから10万キロになると出てきます。これもグレードによりますが、低グレード車はあまり良いシートを使っていないので、へたりは早いようです。

カーナビ

1年ごとにあたらしい道路図が出ます。何年の地図なのかを確かめたほうが良いでしょう。あまりに古いものが入っていると、役に立ちません。

 

 

 

ブレーキパッド

排気量の大きい車は、パッドが減るのが早く、ホイールも真っ黒になって手入れも大変です。硬いパッドにしてもいいのですが、ブレーキの効きが悪くなります。車検ごとくらいに変える場合もあるので聞いたほうが良いです。

エンジン・ラジエターホース

外車に多いですが、ゴムの質が悪く早く傷みます。国産車は、そんなには傷みません。

ラジエーター

不凍液を入れ替えると長持ちするといわれます。ここもどうしても長く乗ると痛んできます。

 

 

 

HOMEにもどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車の維持にお得なクレジットカード
ガソリンカードなら、ENEOSカード スタンダードカードを選びましょう。
★レッカー車が必要になったときのロードサービスが10キロまで無料。カギの綴じ込みなど30分までの作業は無料! ガソリンも安くなるし、年1回の利用で、翌年・会費無料ですので、維持費も心配なし。