中古車 新車選び

中古車で怖いのは、万年・・修理

中古車は、どうしてもガタが来ています。早めに修理が必要になってきます。
どんなところが故障するのか?ということですが、日本車は優秀ですから、取り立てて、ほとんど故障しません。ただし、消耗品といわれる部分は、交換が必要になります。

 

また、購入する販売店を間違えると・・その選択については注意が必要です。

 

インタネットで、goo,カーセンサーなどの販売店は、信用できるといって良いです。
なぜなら、インターネットは口コミの世界。わるい評判はすぐに書き込まれますのですぐわかります。

 

購入から3年、走行距離30000キロ以内なら新車か中古か比較する

30000キロは毎月1000キロ走って、30ヶ月 1日27キロ平均です。
ちょっとした買い物や通勤ならこの程度の走行距離です。

 

ですから、1年で10000キロ以下、車検の3年で走行距離30000キロ以下、であるということは、あまり車を酷使していないと考えていいわけです。
事故車、修理車なら別ですが、この走行距離キロ数で値段が安くなっている中古車は買いですね。
当然デザインなどの問題はありますが、コスパはいい!ということ。

 

 

屋根つきの車庫か、露天かを調べる

保管の場所も大切です。
屋根つきの車庫ですと、直射日光、雨風を防ぐので、車塗装の傷みにかなり影響してきます。
内装も日焼けしにくいので、シートやダッシュボードがきれいです。
塗装を見たら、色あせ具合がわかると思います。

 

塗装は、一度あせると光沢が戻らないので、ガラスコーティングしてあるかどうかも決め手になるでしょう。
ガラスコーティングは証明書がありますので、ないものは要注意です。

 

どの地方で走っていたか

大変北国、雪国の方には申し訳ないのですが、北海道など、雪の多い地方で走っていた車はオススメできません。
融雪剤(ゆうせつざい)といわれる「塩」のようなもの、「塩化カリウム」が主原料のものがばら撒かれた道路を走っているということです。
ということは・・・そうです!錆びやすくなっているのです。錆びが出ているかもしれません。

 

錆びは、車の底面部、ボディーの部分に出てきますので、なかなかチェックするのが難しいです。
しかも、錆びはいったん出るとなかなか除去できません。錆び防止剤もあるのですが。

 

この融雪剤は近年、塩害として問題となっています。

 

ワンランク上のグレードの中古車か、新車か

トヨタで考えてみると、クラウンか、マークエックスかというと違いがあるのですが、そんなにないかも知れませんが、クラウンか、カローラか・というと明らかに差が出ます。

 

よく調べると、ワンランク上の車種が、実は人気のない車種ということもあります。
となると、今欲している車種と同じくらいの中古車価格で、ワンランク上をゲットできるかもしれません。

 

この現象は、「排気量・税金」に関係してくることが多いです。
中古車では、大きな排気量の車は若干人気がないようです。安い車を探していますから・・
当然、税金、燃費も 排気量が少ないと経済的です。

 

ここで、年間の維持費の差と、中古車価格の差を調べて検討する余地が出てきます。
やはり上ランクの車は乗り心地が違います。金銭的に迷うところです。

 

自動車税についてはこちら

 

グレードについての差を調べる

車にはグレードがありますが、運転席のコックピット、ハンドル、シフトの部などは、すぐに違いがわかると思います。

 

ワンランク上の中古車のほうが、部品などいいのを使っていたり、構造、遮音、足回りなどに優れている場合が多いわけですが、そのよしあしの決め手として、後部座席に乗って、その居住性と遮音、振動などを確かめるという手があります。

 

必要上、運転席にはお金をかけるのですが、後部座席にまで、よい素材と構造が行き届いていない場合があります。
高級車、いい車は、後部席の乗り心地が違います。
運転を友人などにしてもらい、砂利道や、段差のあるところをスピード出して走ってみるとわかります。

中古車の価格検索・問い合わせ

ガリバーは価格を公表していませんので、車種を決めて問い合わせます。

ガリバーの中古車販売

車の維持にお得なクレジットカード
ガソリンカードなら、ENEOSカード スタンダードカードを選びましょう。
★レッカー車が必要になったときのロードサービスが10キロまで無料。カギの綴じ込みなど30分までの作業は無料! ガソリンも安くなるし、年1回の利用で、翌年・会費無料ですので、維持費も心配なし。